まんさくの花、刈穂、加賀鳶。

p-0032

 

まんさくとは元々は花の名前です。

満作科という一つの科があるくらいの。

開花時期は1月下旬から3月下旬くらいです。

春の花なんですね。

また、「万作」とも書きます。

どんな花なんだろう?と思い、検索してみました。

 

こんな花でした。

mansak_1

薬用植物なんですね。

収斂、止血、止瀉薬として赤痢、内臓器官の出血、痔疾などに効き目があるという。

なるほど。

でも、お酒の方にはそんな効果はありませんのでご注意ください。

 

日の丸酒造で醸造されています。

元禄2年(1689年)創業。蔵は横手盆地の穀倉地帯にあります。仕込み水は奥羽山系の豊富な伏流井戸水を使用しています。

 

 

秋田といえば!そうです刈穂も秋田のおいしい日本酒です。

kariho-kaei

刈穂の中でもこの「嘉永」、おいしいですよ!

刈穂は「刈穂酒造」ですね。

創業は1913年(大正2年)、出羽鶴酒造の兄弟蔵として秋田県神宮寺町(現・大仙市)にできました。

 

秋田の名水

秋田を代表する名水が湯沢市の「力水」でしょう。

その名の通り飲むと力が出ると評判のようです。

湯沢城址古館山の麓に湧いています。

もう一つは、「六郷湧水群」です。

 

秋田を代表する酵母

「きょうかい6号」と「秋田流花酵母(AK-1)」です。

「秋田流花酵母(AK-1)は後の「きょうかい1501号」です。

 

 

加賀鳶

kagatobi-junmaidaigin

加賀鳶もおいしい日本酒です。

蔵は福光屋さんです。

創業は1625年(寛永2年)だそうです。

霊峰白山の「百年水」で仕込まれています。

なお、こちらは秋田ではなく、金沢の蔵です。

 

 

ちなみに、こちらは加賀さんです、こちらもおいしそうですね。

kaga-san

加賀さんは正規空母です。

日本酒で例えるなら「純米大吟醸」といったところでしょうか?

結構このジト目キャラって好きかもしれない・・・

 


投稿者:

らけ

酒が大好きです。 特に日本酒が大好きで、一時期日本酒の会で勉強しておりました。 他にはカクテルやワインを好みます。 おいしいお酒、本物のお酒についての情報を提供していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です